広島と結ぶ目的で、浜田市に建設が進められた国鉄今福線。1940年(昭和15年)に下府(しもこう)駅から石見今福(いわみいまふく)までの路盤が完成したものの、陽の目を見ることなく、長年放置の状態が続きます。25年後の1965年(昭和40年)に広島側の可部線「三段峡」駅と石見今福を結ぶ路線(広浜線)の建設が決定し、遂に鉄道として陽の目を見るかと思われましたが、1969年(昭和44年)にルートの変更が決定し、浜田から直線的に石見今福に達する「今福新線」の工事が始まることに。戦前に建設された今福線は完全に放棄され、今福新線は広島側の可部線と一体となり、広浜(こうひん)線として山陽と山陰を結ぶ幹線鉄道となる役割が期待されることになりました。

★↓図をクリックすると拡大表示します↓★

※この背景地図等データは、国土地理院の電子国土Webシステムから配信されたものを利用しています。利用の目的第8項、サイズ規定5枚までの1枚に該当。

こちらの図(図1)は前編で示した、今福(旧)線と今福新線の路線図です。結局、今福新線も広島側までつながることなく、1980年(昭和55年)に工事は中止。石見今福には、新旧2つの未成線が残されるという結果となりました。前編では石見今福駅予定地から、今福新線と旧線を見比べながら、8番地点までたどりましたが、今回は今福旧線をたどりながら、山陰本線「下府駅」へ。あと少しというところまでこぎつけながら、果たせなかった広浜線の開通。その陰には、国と地元を巻き込んだ微妙な駆け引きがあったと言います。鉄道建設の熱に沸いた昭和時代を思い浮かべながら・・・前編からの続きです。

ということで、今福旧線9番地点です。道路脇には今福線の案内板が掲げられていました。石見今福から見てきた通り、要所要所に、このような立派な案内板が整備されており、訪れる人が分かりやすいように配慮されています。

同9番地点から、県道301号線と分かれて田園地帯に伸びる、今福旧線の路盤跡。今福旧線は、今福新線の工事が決定した時点で、鉄道として生かされる道は完全に絶たれてしまいました。路盤の完成から29年、まだ鉄道建設が全国で推進されている時代であり、そういった意味では悲運の未成線とも言えそうです。

10番地点、下府川の中に取り残されるように立ち尽くす、今福旧線の橋脚。

11番地点、県道脇には坑口の崩された今福線のトンネルが。第5今福隧道(45m)です。保護の金網の向こうに無残な姿をさらしていました。

そして12番地点。真っ白なコンクリート製の4連アーチ橋が見えました。鋼材の不足(節約)から、コンクリート製の橋が多用されたものと思われます。

コンクリートアーチ橋の上は、生活道路として利用されており、歩くことが可能。

橋を渡ったところ(石見今福側)には、第4今福隧道(82m)が残されています。

そして橋の反対側(下府側)にも隧道が。第3今福隧道(190m)です。

古いコンクリート製のトンネルですが、路面も舗装されており、比較的美しい状態で残っていました。

そしてトンネルを県道で回り込むと、またアーチ橋が見えてきました。13番地点です。ここは鉄道橋が県道301号線に改修されて利用されており、今福旧線の遺構が生かされている区間。

今福旧線は、2車線の立派な県道となっていました。

しかし、それもわずか。県道と再び分かれて、今福旧線は山の中へ。14番地点です。この先で生活道路も途切れ、路盤跡は山沿いに、さらに先へと続きます。ここにあった第2今福隧道(57m)は切り崩されており、現存していません。

そして15番地点。下府川を越える今福旧線の橋脚が見えました。鉄道が来ないまま、ここに建てられて80年。幾年もの風雨にさらされ続けてもなお立ち続ける橋脚は、孤高の風格を漂わせ、その圧倒的な存在感をここに示しているかのようでした。この橋脚の下府側には第1今福隧道(288m)があります。

そして、ここから先の下府川には今福旧線の橋脚が、かなり多く残されています。写真は16番地点の川の中。ぽつんと残る橋脚がありました。この先に第4有福隧道(44m)があるはずなのですが、樹木に覆われてよく分かりません。

17番地点にも、今福旧線の橋脚がありました。

そして18番地点。川の上に、口を開けるトンネルが・・・。

★↓写真をクリックすると拡大表示します↓★

第3有福隧道(137m)です。この先の開けた部分(18番地点と19番地点の間)に、有福駅が設けられる予定でした。

そして19番地点です。県道脇に1段高くなっている小道があり、そこが今福旧線の路盤跡。写真は、石見今福方向を見ています。有福駅予定地からこの19番地点までには、第2有福隧道(54m)と第1有福隧道(220m)の2つのトンネルがあり、急カーブの流れを繰り返す下府川をショートカットしていました。

さらに20番地点です。同じく石見今福方向を見ています。下府側から岩見今福方面へと折り返すように脇道に入ると、トンネルが見えてきました。

★↓写真をクリックすると拡大表示します↓★

第2上府隧道(365m)です。これが今福旧線では最長のトンネル。

トンネルから下府方向へ。

住宅地に口を開けているのは、第1上府隧道(35m)(21番地点)です。この先が上府駅の予定地。

そして今福旧線は、山陰本線下府駅方向へ。1940年(昭和15年)に完成後、鉄路となることもないまま放棄された今福旧線。そして1969年(昭和44年)にルート変更が決定し、建設が始まった今福新線。石見今福は国鉄の未成線が2ルートも存在するという、全国的にも極めて稀な地区となりました。そしてそれは、その分だけ、この地に何度も計画された鉄道の歴史の複雑さを示しているように思えます。

22番地点。下府駅手前で崩された今福旧線の築堤。今福新線(浜田−石見今福)の建設は1970年(昭和45年)から工事が本格的に始まり、1972年(昭和47年)からは、広島側の三段峡から石見今福までの工事も開始されました。しかし1979年(昭和54年)になると、国鉄の赤字ローカル線問題が社会問題となり、ごく一部の路線を除いて、国鉄新線の建設は全国的に中止になっていきます。今福線も例外ではなく、1980年(昭和55年)に工事は中止。広島と浜田を結ぶ国鉄新線「広浜線」構想は幻と消え、多くの未成線がこの区間に残されることになりました。それは1927年(昭和2年)に広浜線の構想が具体化してから、すでに53年もの歳月が経過した後のことでした。

こうして今福線(広浜線)の建設の推移を見てきましたが、少し気になるのは、やはり53年という歳月です。計画の変更もあり複雑な経緯となったためか、空白の時間が多いように思えます。一気に建設が進んでいれば、国鉄の赤字ローカル線問題が大きくなる前に、全通を果たしていたことも夢ではなかったとさえ思えます。最後に、もう一度、主要部分だけまとめてみましょう。

**********************************

昭和 2年 広浜線の建設計画が決定

昭和 8年 可部−加計、下府−石見今福建設開始

昭和11年 広浜鉄道買収、国鉄可部線に

昭和15年 下府−石見今福の路盤完成

昭和29年 可部−加計(可部線)開業

昭和36年 加計−三段峡工事開始

昭和39年 三段峡−石見今福、工事計画決定

昭和40年 下府−石見今福、工事再開 

昭和44年 加計−三段峡(可部線)開業

昭和44年 浜田−石見今福に計画変更、工事開始

昭和47年 三段峡−石見今福、起工式

昭和49年 三段峡−石見今福、工事実施計画認可

昭和50年 三段峡−石見今福、測量開始

昭和51年 三段峡−石見今福、用地買収・工事着手

昭和55年 全線で工事中止

**********************************

こうしてみると、広浜線として肝となる県境区間、三段峡−石見今福の進捗が遅いことが分かります。昭和39年の工事計画決定から昭和49年の工事計画認可、そして昭和50年の測量開始まで、実に11年。何かを待っているかのような、大変長い期間です。

もしかしたら、それは三江線の工事が影響を与えていたのかも知れません。今福線も三江線も、同じ広島県と島根県を結ぶ路線。しかも江津市と浜田市は隣町です。国(鉄道建設公団)への鉄道建設の陳情としては、互いに影響はなかったと考える方が、むしろ不自然・・・。

ここで三江線の県境部分の建設時期を、先ほどの年表に入れてみました。

**********************************

昭和39年 三段峡−石見今福、工事計画決定

昭和40年 下府−石見今福、工事再開

昭和41年 三江線、口羽−浜原、工事開始

昭和44年 加計−三段峡(可部線)開業

昭和44年 浜田−石見今福に計画変更、工事開始

昭和47年 三段峡−石見今福、起工式

昭和49年 三段峡−石見今福、工事実施計画認可

昭和50年 三江線、口羽−浜原、開業(三江線全通)

昭和50年 三段峡−石見今福、測量開始

昭和51年 三段峡−石見今福、用地買収・工事着手

昭和55年 全線で工事中止

**********************************

そう、同じ広島−島根の県境部分、三江線の口羽−浜原が開通を果たしてから、三段峡−石見今福の具体的な動きが始まっているのです。まるで三江線の開業を待っていたかのようなタイミング。同じ鉄道建設公団による鉄道建設であり、これは偶然の一致とは思えません。

最後にもう一度、今福新線(広浜線)を含めた、周辺の鉄道路線図です。もし三江線の建設が早期に完了しており、10年早く全通を果たしていたら・・・。もし三江線よりも、広浜線の方が優先で建設されていたら・・・。国鉄の財政問題勃発前に、広島と浜田を結ぶ陰陽連絡路線として広浜線は開業を果たしており、可部線の改修計画と合わせて、東京、大阪方面から島根県西部へ、また九州方面から出雲方面への主要幹線ルートとして、今の鉄道事情を大きく変えた存在になっていたかも知れません。

★↓写真をクリックすると拡大表示します↓★

しかし、それは空想の物語。今福線(広浜線)は実現することなく、可部線の延伸区間(可部−三段峡)も廃止。一方の三江線も、陰陽連絡路線としての役割を果たせず、来年、その役割を終えようとしています。唯一の明るい話題は、可部線の廃止区間の一部が、この2017年3月、短いながらも復活を果たそうとしていることでしょうか。これは広島市内の地域交通としての復活であり、浜田へ向かおうとしていた目的とは無関係の復活ですが、わずかに伸びた終点の先に、島根県へと続く夢の鉄路の情景を、思い浮かべれたらと思います。

紆余曲折に消えた、今福線。それは地域の鉄道誘致の駆け引き、そして計画の変更、過ぎる歳月・・・、様々な要因が複雑に絡み合い、新旧2つの路盤を残して消えた、広浜線の夢の跡でした。

★↓鉄道の話題はこちらもどうぞ↓★

全通から41年、廃止へのカウントダウン・・・風前の灯となったJR三江線

非電化区間で活躍した往年の列車たち−津山まなびの鉄道館−

古き鉄道時代の面影を残す悠久の旅路−大井川鉄道・かわね路号−

300円で乗れる新幹線?在来線なのに新幹線?−JR西日本博多南線−

兵庫県内の弾丸列車ルート【まとめ】と広島に残る弾丸列車建設の痕跡【第二部・番外編】

さようなら、日本最長昼行特急「しなの」号−大阪〜長野441.2kmの旅路−【前編】

85周年を迎えた若桜鉄道を訪ねて−構内の展示運転(回想記)ほか−

現在も生き続ける同和鉱業片上鉄道−柵原ふれあい鉱山公園を訪ねて−

山陽新幹線全線開業40周年−エヴァンゲリオン新幹線「500 TYPE EVA」発進−(前編)

JR四国の観光列車「伊予灘ものがたり」ー大漁旗で出迎えと国鉄時代の伊予上灘駅−ほか

日本一のミニ私鉄だった紀州鉄道に残る廃線跡−西御坊−日高川を訪ねて−

紀伊半島(三重県)の山中、坑道跡を行く異色のレールマウンテンバイク−瀞流荘駅から湯ノ口温泉駅へ−

運行再開から数か月−春を迎えた信楽高原鐵道−ほか

福知山線(生瀬−武田尾)廃線跡ハイキング2

往年の名車から最新のリニアまで−JR東海のリニア・鉄道館−

青海島と金子みすゞの町、長門市へ−冬晴れの潮彩みすず号−

クリスマス寒波で大雪の山口路−復興祈願のSLクリスマス号−

個性的な新幹線が連続で−ドクターイエローと「くまモン」新幹線−

レールの上を自転車で走る!?−岐阜県飛騨市、神岡鉄道跡のレールマウンテンバイク−

愛媛県内子町に消えた盲腸線、内子線−過去への招待−

休止から70年−いまだに痕跡を残す国鉄有馬線を訪ねて−

旧国鉄五新線(阪本線)を訪ねて【第一部】−奈良県五條市の山間に続く夢の跡−

「大阪市営地下鉄」全線を1日で乗ってみる−前編−

和歌山電鐵のたま電車−駅長はたまちゃん?−

廃線跡ハイキング−テーマパークに消えた桜島線−


ブログトップページはこちら

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://mainblog.iso4z.com/trackback/42

カウンター

アクセスカウンター
アクセスカウンター
アクセスカウンター
ブランド買取***word-2******word-3******word-4******word-5******word-6******word-7******word-8******word-9***

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

スマホ版で表示する

トップページに戻る

Profile

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 山から海へ・・・広島連続ドライブ−東広島呉自動車道〜安芸灘とびしま海道−【前編】
    岡山商科大学は就職や大学院進学に強い!
  • 残されていた幻の新岡山駅建設構想−弾丸列車計画と岡山臨港鉄道の軌跡−【第弐部・第一章】
    岡山商科大学は就職や大学院進学に強い!
  • 兵庫県内の弾丸列車ルート【まとめ】と広島に残る弾丸列車建設の痕跡【第二部・番外編】
    いそしず
  • 残されていた幻の新岡山駅建設構想−弾丸列車計画と岡山臨港鉄道の軌跡−【第弐部・第一章】
    おく
  • ラグビー・花火のコラボで頑張る女子プロ野球・兵庫ディオーネ×埼玉アストライア【ほっともっとフィールド神戸】
    ラーメンまん
  • 兵庫県内の弾丸列車ルート【まとめ】と広島に残る弾丸列車建設の痕跡【第二部・番外編】
    DMSO-d6
  • 神戸市須磨区の板宿本通商店街周辺散歩−いたやどかりちゃんは今−
    まるかまき
  • 2017年初詣・養父神社とハチ高原スキー場・新春花火大会
    いそしず
  • 2017年初詣・養父神社とハチ高原スキー場・新春花火大会
    ころぼっくる
  • たかがお土産、されどお土産−各地で氾濫する恋人シリーズ【第3弾】−
    いそしず

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM